⼈気記事ランキング

ピックアップ記事

記事を月で絞り込む

「不動産小口化商品」は、特定の不動産を1口数万円から100万円程度に小口化して販売する商品で、少額から不動産投資ができ、商品の種類によっては相続対策としても活用できることから、近年注目を集めています。
このページでは、メリット・デメリットなどの基本情報から、ほかの不動産投資との違いなど、不動産小口化商品に関するおすすめの記事を紹介します。

1 はじめに知っておきたい - 不動産⼩⼝化商品とは?

不動産小口化商品とは?メリット・デメリットを解説【FP監修】

少額から不動産投資ができ、REITと異なり現物不動産の保有者になれるものもあるため、注目を集めている「不動産小口化商品」。この記事では、不動産小口化商品にはどのようなメリット・デメリットがあるのか詳しく解説します。

不動産小口化商品の節税メリットとシミュレーション【税理士監修】

不動産小口化商品で節税できるという話を耳にしたことがある方は多いのではないでしょうか。この記事では、不動産小口化商品がどのように節税につながるのか、節税シミュレーション事例についてご紹介します。

2 不動産⼩⼝化商品は、他の不動産を活⽤した資産運⽤と何が違う?

不動産投資を少額から始めるには? - REIT、不動産小口化商品、不動産クラウドファンディング【FP監修】

不動産投資は少額の資金でも始めることができます。この記事では、不動産投資を少額で始める方法として、「REIT(不動産投資信託)」「不動産小口化商品」「不動産クラウドファンディング」それぞれの仕組みや特徴をご紹介します。

3 不動産⼩⼝化商品を始めてみたい-⽐較検討の際に押さえておきたいポイント

不動産小口化商品を比較検討する際に抑えるべきポイントは?

不動産小口化商品を購入する際、どのような視点で比較検討されていますか?ここでは、不動産小口化商品を比較検討する際に抑えるべき出資方法や投資対象物件の特徴、立地やエリアによる違いなどについて、具体的にご紹介します。

不動産小口化商品の「任意組合型」と「匿名組合型」 - 登記できる?節税効果がある?【FP監修】

不動産小口化商品には「任意組合型」と「匿名組合型」の2つがあり、例えば「任意組合型」の場合、現物出資であれば登記され不動産の所有者になることができます。この記事では、それぞれの違いや特徴についてご紹介します。

4 投資家を守る「不動産特定共同事業」の仕組みについて

不動産特定共同事業法とは?基礎知識と不特法改正のポイント【FP監修】

不動産を小口化し、複数の投資家の共同事業として収益を分配する「不動産特定共同事業」。不動産特定共同事業法(不特法)は、不動産特定共同事業の適正な運営と投資家の利益保護を目的とした法律です。この記事では、不特法の仕組みやこれまで実施された法改正などについて解説します。